つるし雛の云われについて

こんにちは。

前回の記事でつるし雛のことに触れたので、

←クリックして読んでみない?

少し詳しく、

つるし雛とは何ぞ?

てことに触れてみたいと思います。

 

まず、起源は江戸時代と言われています。

ひな人形の文化が現代よりいっそう繫栄し、

お金持ちが競って美しいものを作らせた時代。

享保雛の写真

↑18世紀、1700年代の日本(おもに京都)では、絢爛かつ精巧な雛人形が作られていました。
こちらは現代の人形師が作った復刻版。またいつか、詳しく書きたいと思っています。

 

けれども、一般庶民には、高価すぎて手が出ない…

そこで、小さなお人形をたくさん作り、紐で繋げて吊るしたのだそうです。

軒下に吊るされたつるし雛

 

どんな人にも、我が子、孫に対する様々な思いがあると思います。

😊健やかに、元気に育ってほしい…

🥰美しく聡明に…

😚やさしい子に…

😏名を成せるように…

😋食いしん坊に…

🤩今の世の中図々しさも大切…あれ、だんだんおかしいですね

…と。想いは尽きないものですよね。

 

その想いをこめて、飾られるのが「人形」😊なのです。

つるし雛に限りません。

多くの「人形」は、想いを託し、祈りをこめて贈るもの。

贈られた人は、飾るたび、見るたびに、その想いを受け取ります。

 

扇子の飾り 扇子…その形から末広と言われるように、末広がりに栄える

桃の飾り …花・葉・種の全てに薬効がある桃は、邪気・悪霊を祓い延命長寿を

金魚の飾り 金魚…たくさんの卵を産むことから多産祈願・子宝に恵まれるように

しあわせ巾着の飾り しあわせ巾着…将来の夢を巾着いっぱいに詰めて

鳩の飾り 鳩…鳩はむせないことから、赤ちゃんがお乳をよく飲み元気に成長しますように

でんでん太鼓の飾り でんでん太鼓…音を立てて悪を祓い、福を呼ぶ

唐辛子の飾り 唐辛子…虫除けに使われることから、可愛い娘に悪い虫がつきませんように
草履の飾り 草履…健脚健康になり、働き者になりますように
這い子人形 這い子人形…赤ちゃんがたくさん「はいはい」して元気に育ちますように
おくるみ人形 おくるみ人形…可愛い我が子を大切に包み、愛情豊かに育ってくれますように
鶯の飾り 鶯…ウグイスは春を知らせる縁起の良い鳥。鳴き声を聞くと幸運が
ねずみの飾り ねずみ…大黒さんの使いと言われるねずみ。金運に恵まれるように
鞠の画像 鞠(まり)手鞠(てまり)…丸々と円満にはずむ心豊かなくらしができるように
紅白梅の飾り 紅梅白梅…縁起の良い紅白の梅の花のように可愛く育ちますように
三色だんご 三色だんご…紅白は縁起物、緑はよもぎで、味・香りともに最も優れた薬草の一つ。
被布着の飾り 被布着…寒さに凍えぬように。着るものに困らぬように。

 

などなど…ほかにも地方により数多くのお人形が作られ、

それぞれに意味を持っているのです。

なんて素敵な、美しい文化なんでしょうね。

 

 

…人形のこと、少し興味が湧いてきましたか?

だとしたら、スタッフ4号、この身をもちまして喜びの舞✨を舞わせて頂きます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2022年3月02日

コメントを残す

注意:承認を受けたコメントのみ表示されます。