おばあちゃんのつるし雛

おばあちゃんの手作りつるし雛 吊るし雛

去年(2021年)のことなのですが、

雛人形を見にご一家で来店されたお客様を接客中、

お孫さんが誕生され、おばあちゃんが手作りでつるし雛を作っていることをお伺いし、

「出来上がったら、ぜひ見せてくださいね!!」

と、図々しいお願いをしたことがありまして。

 

その際、木目込のとても上品な雛人形をお買い上げくださったのですが、

ご住所を確認しますと、当店まで高速で1時間ほどの距離からのご来店ということで、その町は、古き良き街並みを残す観光スポットもあり、素敵な町なのです。

この素敵なおひなさまは、やっぱり素敵なおうちにお嫁に行くんだなぁと、

勝手なイメージで感慨に耽ったものでした。

 

それから数か月経ったある日、一通のお手紙が、スタッフ4号宛に届いたのです。

 

なんと、出来上がったつるし雛のお写真と、お手紙が入っていたのでした。

↑↑↑は、実際に送ってくださった写真です。

 

心震えるような、もったいないお言葉もしたためられたお手紙。

それに、私の図々しいお願いを、覚えてくださっていたこと。

添えられたお写真を拝見して、、

めちゃ素敵!!と叫び←狂喜の咆哮✨

思わず、合掌してしまいました。

 

吊るし飾り、と一口に言っても、日本各地に伝承のように伝えられてきた文化なのですが、

女の子の誕生と共に作られてきた「つるし雛」がやはり見聞きすることが多いかと思います。

最近では、男の子用の吊るし飾りも作られていて、

季節ごとに飾ってみるのもいいかもしれませんね!

 

ひとつひとつの飾りに、

作る人、贈る人の思いが込められている

という点で、雛人形と共通していますので、節句に飾る風習があります。

これに関して、次回のブログで少し触れたいと思っています。

 

おばあちゃんが、ひと針ひと針、心をこめて作った吊るし飾り。

お写真からも見て取れますが、かなり大きさもあり、素晴らしいですね😍🥰🤩

 

世界でたったひとつの、宝物。

 

常々思っているのですが、

毎年、ひな飾りを飾るとき、みんなでお祝いをするとき、

また、ふとした瞬間、子供のしあわせを祈るきもち、

そのお子さんに伝えてあげてほしい。

あなたは愛されているんだよ。ってことを。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました😀

2022年3月01日

コメントを残す

注意:承認を受けたコメントのみ表示されます。